マイニングとは?

ビットコインキャッシュを手に入れるには、取引所の他にも方法があります。
ずばり「マイニング」です。
ではマイニングとは具体的にどういう意味なのか、取り上げます。

マイニングを知るために、まずはビットコインキャッシュの仕組みついての確認です。
ビットコインキャッシュの取引記録は、ブロックで記録されます。
記録されたブロックをチェーンで繋げることにより、ビットコインキャッシュは整合性が保たれています。
もしチェーンでブロックを繋げることができなくなれば、ビットコインキャッシュはとんでもないことになります。
では一体何処の誰が、ブロックをチェーンで繋げているのでしょうか。
ブロックをチェーンで繋げている人こそが、マイナーと呼ばれる人達です。
マイナーとは、マイニングによって利益を得ている人のことを指します。

ブロックをチェーンで繋げて整合性を保つには、コンピューターの計算が必要不可欠です。
しかも単純計算ではなく、とんでもなく複雑で膨大な計算量が必要です。
しかも間違いは絶対に許されず、正確さと速さも求められます。
そこでビットコインキャッシュでは、世界中にいるマイナーの力を借りて、みんなで管理を手がけています。
世界中のコンピューターの力を借りることにより、膨大で複雑な計算も可能になるという訳です。
複雑で膨大な計算量を処理するのは、想像以上に大変です。
想像以上に大変な仕事を無料でとなると、シャレでは済まされません。
そこで1番早く仕事を終わらせた人に、報酬として通貨を新たに発行します。
これがマイニング・仮想通貨の発掘作業です。
ビットコインキャッシュの新規発行は、全てマイニングによって行われています。

取引所を経由しなくてもビットコインキャッシュが手に入れるのなら、今すぐにでもマイニングをしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし現状を考えると、あまり良い方法であるとは言えません。
なぜならば、マイニングの競争はものすごく激しくなっているからです。
ビットコインキャッシュをマイニングで手にすることは、奇跡が起きない限り不可能です。

ただマイナーの中には、悪い人がいるのではと考えている方もいらっしゃるでしょう。
残念ながら、全員が全員善人という訳ではないので悪い人がいても不思議ではありません。
でも仮に悪い人がいたとしてビットコインキャッシュの乗っ取りを企んでも、無駄になるだけです。
仮想通貨の乗っ取りをするぐらいならば、マイニングで稼いだ方が遥かに効率的です。