ビットコインキャッシュのレートの見方

ビットコインキャッシュのレートはどうなっているのか、ものすごく気になっていることと思います。
利益を出すためにも、レートはしっかりとおさえておきたいものです。
そこで、ビットコインキャッシュのレートについて取り上げます。

そもそもビットコインキャッシュの値段は、どう決められているのでしょうか。
ビットコインキャッシュの価格は、需要と供給で決められています。
つまり欲しい人が大勢いれば値段はあがり、欲しくない人が多くなると値段は下がります。
ビットコインキャッシュ以外の仮想通貨も、需要と供給で値段が決められています。
しかし円やドルのように発行している国はないので、実質的にビットコインキャッシュを手にしている人達が値段を決めていることになります。

しかしビットコインキャッシュは、発行している国がありません。
だからこそ何処の国でも自由に使える訳ですが、ある意味デメリットであるとも言えるでしょう。
国が発行していない通貨になるので、暴落したら暴落したままになります。
ちなみに円の場合、暴落すれば国からストップがかかります。

ではビットコインキャッシュのレートは、どのようにして見れば良いのでしょうか。
ビットコインキャッシュのレートは、その日によって大きく変わります。
いつ何処でどう動くかは、全く想像がつきません。
でもヒントならば、レートをグラフ化したチャートから読み取ることが可能です。

チャートを見てみると、二色の棒が規則正しく並んでいるのが分かるかと思います。
チャートにある棒はローソク足と良い、その時間内にレートがどれだけ変わったのかを示したものです。
例えば5分間の動きを示した5足の場合、ローソク足が長くなっていれば、5分の間にビットコインキャッシュの価格は大きく変化したことが分かります。
逆にローソク足が短くなっている場合は、そんなに価格は動いていません。
ローソク足には陽線と陰線の2種類あります。
陽線は終値が始値と比べると高くなっていることを示し、陰線は終値が始値と比べると低くなっていることを示します。

チャートの見方を詳しく説明するとなるとかなり長くなるので、今回は基本的な構造についてだけ取り上げます。
他にもゴールデンクロスやデッドクロスなどの用語がありますが、一度に出てくると混乱するだけです。
でもチャートを読み解く力を身に着けておけば、ビットコインキャッシュで利益を上げるのも夢ではありません。
慣れるには時間がかかりますが、少しずつでも良いので覚えておいて下さい。