ビットコインキャッシュの将来性は?

熱い注目を浴びているビットコインキャッシュですが、今後はどうなるのでしょうか。
「未来のことは分からない」と言われるとそれまでですが、仮想通貨を始める以上は将来性についてもしっかり考えておきたいものです。

ビットコインキャッシュの将来性は、「ない」という意見があります。
将来性がない理由は、中国の規制によるものです。
ビットコインキャッシュの新規発行は、マイニングによって行われました。
中でも最も多くのビットコインキャッシュを掘り当てていたのが、中国です。
しかし仮想通貨を取り締まる法律は厳しくなってしまい、中国では実質的にマイニングが難しくなってしまいました。

そもそもマイニングで仮想通貨を掘り当てたからとはいえ、中国にとっては何の得にもなりません。
掘り当てた仮想通貨は中国国外へと売られるので、逆にマイナスになるからです。
またマイニングには膨大なエネルギーが必要になるので、中国インフラに嫌な影響を与えてしまいかねません。
そこで中国政府は、仮想通貨を取り締まることになりました。
取り締まりにより中国からの発掘がなくなってしまうと、ビットコインキャッシュの将来性は危うくなります。

一方で、ビットコインキャッシュの将来性は「明るい」という意見もあります。
理由は、ビットコインキャッシュの使い道がものすごく広がっているからです。
CD購入・ギフトカード・美容整形でも、ビットコインキャッシュは対応できるようになりました。
ただしビットコインキャッシュでCDが購入できるという話は、あくまでも海外の話です。
でも日本でも、ビットコインキャッシュが使えないという訳ではありません。
少しずつですが、ビットコインキャッシュに対応している店は増えてきています。
通販でも、ビットコインキャッシュの精算ができるようになっています。
使い道が増えれば需要も高まるので、ビットコインキャッシュの将来性は明るくなっています。

更にビットコインキャッシュだけに限った話ではありませんが、市民権を少しずつ獲得しているのも大きいでしょう。
「仮想通貨」という言葉は爆発的に広がり、投資に興味がない人でも言葉は知っている程です。
登場からまだ1年も経っていませんが、ビットコインキャッシュは仮想通貨を代表するコインとして大きく成長しました。
もちろんまだまだ発展途上の段階にあるので、将来性についてはまだまだ未知数の所はあります。
ビットコインキャッシュが今後どうなるのか、今は静かに見守るだけです。